WORKS

大学生SDGsイベント

小学生親子様と触れ合う貴重な機会 大学生のサポートで目的も達成!!

 

クライアント
ソフトバンク株式会社様
活動時期
2018年10月13日(1day開催)、準備期間3ヶ月

背景

「スマートフォン(以下、スマホ)利用者の低年齢化」が進む中、「子供のスマホトラブルも多くて小学生にスマホを持たせるのは心配」と思う親御さんや「スマホが欲しいけど親になかなか話せない」と思っている子供たちがいます。

 その背景を踏まえ、子供のうちにスマホで問題になりうる事を一緒に考える時間を持ち、正しく使ってもらいたいと考え、豪田ヨシオ部と「小学生にスマホってありですか? 親子討論会」を開催。

内容

 

 子供チームと親チームで分かれ、各グループに大学生がワークショップに参加して一緒にテーマについて考えるワークショップを実施。

 ワークショップ1では「子供がスマホを欲しがる理由」について、ワークショップ2では「親が思う子供がスマホを持つうえでの心配事」について思ったことを折り紙に書き、模造紙に貼付。また、子供グループに関しては子供が書いた意見の理由を大学生が付箋に書いて、意見の書いてある折り紙の近くに貼りました。

 また、イベント後半には子供向けのセミナー「親も安心! 10分で簡単スマホとの向き合い方」、保護者向けのセミナーでは「自分の子供が中学生になった時 『子供がスマホを欲しがる理由』と『子供がスマホを持つうえでの心配な点』の整理」を行っていただきました。

結果

<当イベント責任者の声>
ソフトバンク株式会社 プロダクト&マーケティング統括 プロダクト本部 戦略・企画統括部 向井誠様

 「今回、『小学生にスマホってありですか? 親子討論会』を実施し、小学生親子の皆様に、今お子様向けの「スマホとの向き合い方」セミナーや思いを言語化して共有する「親子スマホ討論会」ワークを通じて、すでに幅広く浸透しているスマホの低年齢化への備え方や、親子それぞれの思いの共有などを楽しく考える機会を提供できたかと考えております」

 「また、新商品などを企画検討していく私達にとって、実際の生活者の皆様と直接対話する機会はとても貴重なものです。そういった観点でも、今回の討論会は実際の小学生親子の皆様とふれあい、ご意見や思いを伺うとても貴重な機会となりました」

 ご参加された親御様、子どもさんたちも楽しそうにワークされておりましたので、目的はバッチリ達成できたと思います!

CONTACT

資料請求やご質問などお気軽にお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    03-5645-7321

    平日 10時〜17時30分まで

    株式会社 クリエイティブPR
    東京都中央区東日本橋3-12-6 リブラ東日本橋Ⅰ 5F

    お問い合わせフォーム

    会社名
    ※すべて必須項目です。
    氏名
    ふりがな
    部署
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容